海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?!海女修行&漁師町ライフをご紹介します!

ウェットスーツ、着てみた①

 
海女になったら

今までの会社員の自分ではできなかった体験が

できるんじゃないかと思って、

ワクワクしていました





石鏡に越してきて、早1週間。

現実は、ワクワクなんて可愛いもんじゃない。

もう、心臓バクバク。






9月20日に届いたウェットスーツ、

着方が分からないので

タコ漁から帰宅した夫にお願いして、

教わりながら着てみることに。

 

 



初めて買ったウェットスーツは

10月からスタートする「冬磯(ふゆいそ)」でも寒くないようにと

6.5㎜(通称:ロクハンのぶ厚めの物にしました。

もちろんウェットスーツのことは全く分からないので、生地もデザインも夫任せ。

全身真っ黒の生地に、ステッチはオールホワイト!

ロングジョンとジャケットを組み合わせるツーピースと呼ばれるタイプのものです。

 

 

 

 

 



なかなか格好イイ

気分アガります



水着に着替えて準備万端

まずは「ロングジョン」を着てみることに。




ロングジョンに足を挿入するまでは問題ないのですが、

生地が思いのほか硬く

膝から上に生地を持ってこようと引っ張るのですが、

どんなに引っ張っても肌に張り付いてビクとも動きません



そうこうしているうちに

汗がどんどん出てきて、

更に滑りが悪くなり

肌に生地が密着し、

生地を引っ張ろうとすると

皮膚が引っ張られてものすごく痛いッ




「無理だよ~。きつすぎてこれ着れないよ~!」

と泣き言を言っていたら、夫に

「ウェットスーツはそういうもんだ。
文句言わずに言われた通り着てみなさい


と一喝されちゃいました
(泣)




ああ、今日もやっぱり怖い・・・

きっと「ウェットスーツ如きで大袈裟な」とか思われてるんだろうな・・・

本当に痛いのに。

「サイズ間違えて作られちゃったんじゃないのかな」と疑いましたが

right sizeみたいです






少し持ち上げては、休んで息を整えて、

を繰り返す事、約30分(!?

ようやくロングジョンを着る事が出来ました。




汗だくです


この時点ですでに息が上がってます。顔真っ赤です。

もうそろそろ片付けようと思っていた扇風機、

風力MAXで顔に当ててました。




まだあと「ジャケット」が残っていますが、

もうこの時点で

心折れかけてます





長くなってしまったので、

続きは「ウェットスーツ、着てみた②」で書かせてもらいます。