海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

網バラキ①


名古屋から来た海女見習い。デビューして1ヶ月経ったよーぅ
やったね☆



海女が休みの日は

大抵行っている、
「網バラキ」

 

これまできちんとご説明したことなかったので、

今日は一体どんなもんか書いてみましょうー



「網バラキ」とは

漁師さん達のやる漁にも「はえ縄漁」「刺し網漁」とか

色々あるみたいなのですが、

その中でも

伊勢海老やヒラメなんかを獲る時にやる

「刺し網漁」を行った後に

獲物以外のゴミがいっぱいついた網を

人の手で綺麗にする作業のことですよ。



 

網バラキをする時は、

下の絵のように網の入ったかごと自分の間にポールを渡して、

手で網を広げながら網に付いたゴミを目でチェックして

一つ一つ丁寧に、かつ迅速に外していきます。



横から見たら、こんな感じです。

 

 

(なんでイラストの人物が「犬神家」のあの人みたいなのかは無視してください)



「ゴミ」とは言うものの、物は様々

海底の石っころやサンゴの一部だったり、

タイやカワハギ、サザエなど、お目当ての獲物では無いにしろ美味しい魚介類だったり、

毒を持った魚、サメ、エイなど、

実に色~んなものが網にはかかってきます



海藻など手で簡単に外せるゴミはいいのですが、

カニやサザエなど、網に絡まってしまっているモノを

外す時は手ではちょっと難しい・・・・・

しかし、そんな時はコイツの出番ですッ



棒ッ!
(名前知らないだけ)

 

(※2019年8月20日追記:「なんやねん、棒て!w」とツッコミながら書いてますが、この道具は「サシ」と言います)

木製の柄に金属のとんがった針みたいな物がついてます。

コイツを使って、複雑に絡まった網に付いた

ゴミという名の獲物を外していきます。



焦りは禁物です。

丁寧に、慎重に・・・

 


外れた時の達成感は何とも言えません

例えるならば、知恵の輪を外せた時の快感とでもいいましょうか・・・



病みつきになります(笑)



さて、網バラキのお話は

「網バラキ②」へ続きますヨ☆