海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

アワビの稚貝放流


12月15日の昨日は

石鏡で『アワビの稚貝放流』

がありました



残念ながら

私は例の左肩の痛みが再発し、

皆と一緒に放流に行くことは
 
できませんでした



しかし、せっかくですので

浜から見学をさせてもらうことに




今日の海はご機嫌斜めなようです

朝からすごい波・・・

 
{4E4DA3B5-C019-45C4-BB88-7FF6E0FA09D5:01}


今回放流したアワビは

「赤アワビ」とも呼ばれる、

メガイアワビの赤ちゃんたちです。


 

大きさは大体3センチほど。

養殖されていたので、

(養殖用の)エサの影響で

殻はになっています



この子たちを

口と底が空いた牛乳パックに入れて

牛乳パックごと

 

海の中に置いてきます。

 
{F5688AE9-1F81-421F-A07B-58112101B080:01}
 
{C2C532CC-4481-4E46-8FEC-8979AF9690E8:01}


そのまま海に置いてくるだけだと

牛乳パックもベビーアワビたちも

良いポイントから流されて行ってしまうので、

石をパックの左右と上に置いて

海底に固定させます。
 
牛乳パックの底は一旦開けたものを

テープで軽くふさいであるので、

海底にセットする時にテープを外し

口と底から海水が入る様にします。



そうすることで、

アワビを狙う生き物たちから
 
稚貝を守りつつ

新鮮な海水がパックに
 
入るようにします。



新しい環境に慣れ

牛乳パックの外へ這い出した

ベビーアワビたちは

その後は自力で生き延びます。


{3842179D-D2DF-46F7-BA3A-84F4102A7AAA:01}


アワビを牛乳パックに入れながら

「頑張って生き延びろよ~

と、念を送ります(声に出てたかも・・・)。

 
 
{FA7BB1FD-5FA5-4A52-A800-B0C81E258360:01}


波がかなりありましたが、

5人の海女さんが放流の為に

海へ繰り出していくのを見送ります。




ちなみに、

稚貝の放流は

海女小屋ごとに行うので、

他の石鏡の海女さん達もそれぞれ

自分たちのいつも潜っているポイントに

アワビの稚貝を放流してきたようです。
 
 
{72B4E870-D18E-4A44-827A-CFB48BCBCC20:01}



放流は30分ほどで終了。

「濁ってなにも見えなかった

海底で牛乳パックを固定しようにも

身体が流されて思うようにいかなくて、

今日はしんどかったワ

と皆、言っていました。



今回放流したアワビ。

もし生き残ったら、

収獲(?)回収(??)できるのは

早くても3年後



海にはアワビを狙う敵も多く、

特にヒトデは海女さんにとって

一番のライバルです



よく見かける朱色のヒトデよりも

黒っぽくてモジャモジャっとした

 

小さいヒトデ(ヤツデヒトデ)が

特にアワビを食べちゃう

 

天敵だそう



見つけたら駆除しないと

大事なアワビを

 

横取りされかねません・・・



稚貝放流は

毎年冬に一度行っているらしいので、

来年こそは、

私も放流に参加したいと思います




まずは肩を何とかしないと。

もうすぐ冬磯、終わっちゃいます・・・

もう一回くらい今年潜っておきたいなぁ~