海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

スイスから

 

 

先日突然、

 

「スイスからの観光客に
海女さんについて英語で話してほしい」
 
と依頼がありまして、
 
急きょ対応させて貰う事に
 
なりました。
 
 
 
 
夫は
 
「そんなのほっときゃいいのに」
 
とブツブツ言っていましたが、
 
私もここしばらく
 
英語を話していなかったので
 
なんだか面白そうだと
 
お受けした次第です。
 
 
 
 
以前、ブログにも書いた
 
『海女英語』
 
がやっと使えます♪

 

 

 
 
 
付き添いの男性とは日本語で、
 
スイス人の女性とは英語で、
 
市場でちょうど
 
アワビの受け取りをしていたので
 
それを眺めながら
 
色々とご説明させて頂きました。
 
 
 
 
海女になって10ヶ月。
 
 
 
 
日本語でも英語でも
 
やっと少しは『海女のこと』
 
人に話せるようになりました。
 
 
 
 
 
それを見ていた
 
漁協の職員さんや漁師さん。
 
 
 
 
「久しぶりに英語が喋れて
嬉しいんやな~(ニヤニヤ)」
 
 
「イキイキしとるなぁ~(笑)」
 
 
と、
 
後ろでずっとからかってきます・・・
 
 
 
 
い! いいじゃないか
 
たまにはー!!
 
 
 
 
普段、先輩海女さんや
 
アイちゃん、モモちゃん、
 
夫の後ろを
 
自信なさげに付いて回るワタシ。
 
 
 
 
しかし今日だけは
 
いつもの私とは一味違いますよ!
 
 
 
だってコレが
 
私の唯一の特技だもの!
 
 
 
ちゃんと海女のこと、
 
伝えられたかな?
 
 
 
 
しかし、本当に根強い
 
海女 = 真珠 イメージ
 
ヨーロッパの人は
 
みーんな同じ印象を抱いているみたい。
(過去ブログ:『海女のイメージ』
 
また同じこと聞かれたので、
 
「海女さんは真珠獲らないよ」
 
とお伝えし、
 
びっくりされました。
 
 
 
 
本物の海女のことを知りたいのなら
 
『海の博物館』へ行くと
 
古い資料や海女の道具が見られるよと
 
教えてあげました。
 
 
 
 
その他、
 
色々と海女のことをお話しましたが、
 
"I'm so impressed."
(とても感動しました)
 
って言ってくれたのは
 
嬉しかったです。
 
 
 
 
こちらもよい勉強になりました。
 
また来てね☆