海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

やっぱり好き

 

 

 

遅ればせながらの

 

ご報告。

 

 

 

2016年10月21日より

 

伊勢海老漁

 

解禁~クラッカークラッカークラッカー

 

 

 

 

いよいよ大好きな
 
網バラキがまた始まりました爆  笑ルンルン
 
 
 
 
久しぶりのこの感じ。
 
やっぱり楽しいなーピンクハート
 
 
 
 
漁解禁の前に
 
前磯(禁漁区)での漁があったので
 
解禁日に先んじて
 
伊勢海老いっぱい
 
バラかせて頂きましたニコニコ
 
 
 
漁師や海女の
 
前磯での漁で上がった収益は
 
地元漁協の運営資金の足しに
 
なるらしいですキョロキョロビックリマーク
 
 
 
 
ちょうど肩が痛かったので
 
海女は休んで(ラッキー星
 
網バラキしました。
 
 
 
 
冗談か本気か分かりませんが
 
最近サザエをたくさん
 
獲れるようになった私に
 
「おかずきを網バラキに雇うのは気が引けるなぁ~」
 
と漁師の親方が言ってくれます。
 
 
 
 
たとえ冗談でも
 
『おかずき』なんて言って頂けて
 
嬉しい・・・音符
 
内心ホクホクです照れ(笑)
 
 
 
 
私や夫がお世話になっている
 
漁師さんは
 
石鏡の漁師ではまだ若手の方ですが
 
頭の良い方で、漁師の腕も良いらしく、
 
通常は2人以上で操業する漁師仕事も
 
1人でこなしてしまいます。
 
今年も伊勢海老を
 
たっくさん獲ってきていましたビックリマーク
 
バラキがいがありますねーラブメラメラ
 
 
 
ただ
 
伊勢海老を網から外すのは
 
とても緊張します。
 
 
 
 
長い触角や手足を
 
網から外す時に折ってしまったりすると
 
商品価値が下がってしまうらしくて、
 
また、勢いよく引っ張ったら
 
胴体と尾っぽが外れてしまいそうで
 
怖くって・・・ガーン
 
 
 
 
伊勢海老は特に高級品なので
 
素人の私は
 
ヒヤヒヤしながら
 
慎重にバラいていますアセアセ
 
 
 
そして最近、
 
何気にちょっと嬉しいのは
 
サチバアや漁師さんが
 
私の事を前より少し
 
アテにしてくれてると感じる事。
 
 
 
 
去年は言われなかった
 
「また明日も頼むぞ」
 
「そのかごの網はゴミが多いからバラきにくいけど、あんた1人で大丈夫やろ」
 
そんな何気ないひと言が
 
すごく嬉しいのですハート
 
 
 
 
毒針のあるアイゴという魚やエイも
 
何も言わずにバラかせてくれるどころか
 
「リッチャン、これ頼むわ~」と
 
任せて貰えるようになったのも
 
ちょっぴり自慢チョキキラキラ

 


 

 
 
 
 
網バラキなんて
 
数ある漁師仕事のうちの
 
ほーんとうに簡単な部分の一つですが
 
そんな事でも
 
認められたように感じられて
 
嬉しいデス音符
 
 
 
 
親方はいつも
 
「暇な時があったら来て」
 
と言ってくれていたので
 
じゃあと、本当に暇な時だけ
 
網バラキに行っていたのですが、
 
たまにフラッと
 
手伝いに来るくらいの人だと
 
親方もそれなりにしか
 
頼りにしてくれません。
 
 
 
 
やっとその事に気付けたので
 
今年は親方の信頼を得るべく
 
それまで7時以降に
 
フラ~っと行っていたのを
 
朝6時半の網バラキ開始前には
 
漁港で待機しているようにし、
 
やる気のある所を
 
見て貰おうと思いました。
 
 
 
 
きっと夫から見たら、
 
「気付くの、遅ッ!ガーン
 
という感じなのでしょうが・・・アセアセ
 
 
 
 
移住して1年経ち
 
ようやく最近になって
 
『口先だけでなく行動でやる気を示す』
 
という夫の働き方の意味が
 
分かってきた気がします。
 
 
 
 
まだまだ「お手並み拝見」状態の
 
私たち。
 
自分たちの一挙手一投足を
 
石鏡の人たちが注意深く見ている、
 
そんな気がします。
 
 
 
 
小さなコミュニティー
 
良いうわさも悪いうわさも
 
たちまちに町中に広がります。
 
きっと私たち夫婦の事も
 
「あいらはどげなんな?」
 
と噂されているハズ・・・
 
 
 
 
ここで生きていく覚悟が
 
ちゃんと伝わるように
 
行動あるのみ、ですね!