海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

どうして海女は「女」なの?

 
こんにちは、新米海女のリッチャンです。
 
 
海女についての質問で
一番よく聞かれる事、それは
「どうして海女は女性なのか?」
という事です。
 
 
 
男性だってできるのに、
どうして昔から
海女は女性の仕事だったのでしょうか?
(男性の海女は「海士」とか「男あま」って呼ばれたりするようですね)
 
 
きっと少なからず
疑問に思ってらっしゃる方が
いらっしゃると思いますので
私の考えをシェアしたいと思います。
 
 
 
まず一般的によく言われるのが 

① 女性の方が皮下脂肪が多く冷たい海の中で長時間寒さに耐えられるから

② 男は船で沖へ行きたくさん獲るので、浅い磯場で海女をするのは女の仕事になった

③ 朝廷や神宮へ納める神聖なアワビを獲るのは女性の仕事だったから

という3つの理由です。
(『目で見る鳥羽・志摩の海女』、海女振興協議会発行 を参照)
 
 
 
諸説あるそうなのですが、
個人的には ② が一番
しっくりくるなぁと思っています。
 
 
私が海女に興味を持ったのは
【海女シンポジウム】に参加した事が
きっかけでした。
 
その時に聞いた

「海女というのは、少ない時間で大きく稼ぐ」

という石原館長のお言葉。
 
私はこれが女性が海女になった
一番の理由じゃないかと
感じます。
 
 
どんなに時代は変わっても、
出産は女性にしか出来ません。
 
それが故に女性は妊娠・出産以後
『家の外へ働きに出る』
という事が
それ以前に比べ困難になります。
 
子供を育てるという大事業に
その後の人生の大半を
費やさねばなりません。
 
 
特に日本では
女性は結婚、出産、育児という
様々なライフイベントとともに
自分を取り巻く環境が
大きく変わります。
 
環境だけでなく
自分の体や精神面でも
不安定になったり。
 
自分のペースで
スケジュールを組めなくなったり。
 
 
そんな女性でも
自分のペースで働く事ができ、
行きたい時は行き
行けない時は行かなくて良い。
 
たとえ行けなくても
他人に迷惑がかからない
【海女】という働き方は
家庭を持つ女性として
すごく続けやすい仕事だと
思います。
 
 
拘束時間も地域によりますが
午前中のみだったりと
短くて済むので、
午後は家にいて家事をこなし
親の介護をしたり
夫の仕事を手伝ったり
子供の面倒を見たりと
「嫁」「妻」「母」
としての仕事を
こなす事も出来ます。
 
 
{6D76700B-FA07-45D9-89EC-6555811C1BC2}
↑ 赤ちゃんを産むとすぐに海女に復帰。海女から上がる時間を見計らって家族が子供を連れてきてくれ、お乳をあげていたんだそうです。
 
 
 
自分の力で収入を得ている上に
家事も育児もきちんとやっている。
 
それはきっと女性にとって
大きな自信に繋がりますし、
家族もそんな女性を尊敬すると
思います。
 
もちろん、
アレもコレもこなすのは
体力的にも精神面にもキツイでしょう。
 
でもそれは海女を続ける上で
大きなモチベーションに
なると思いますし、
このような職業は他には無いと
思います。
 
 
ただ、言っても収入は
そんなに多くはありません。
今の時代だと
年収100万~300万くらい
といった所ではないでしょうか?
 
 
一家を支える収入源としては
少し心許ないように思います。
 
 
船で沖へ出て
網や釣りの仕掛けを使って
一気に大量に魚を獲る漁師の方が
数倍お金になります。
 
もちろんその分、
漁師は船や道具のメンテナンス費や
エサ代などのコストはかかりますが、
ちまちまと手でアワビや海藻をとる
海女の収入と比べると
圧倒的に漁師の方が儲かります。
 
 
だから、
海が目の前にある環境で
海でお金を稼ごうと思った時、
いくつか選択肢があった中で
「女性だから海女になれた」
「女性しか海女になれなかった」
というわけではなく、
「男性もなれたけど、ならなかった。
だって海女より漁師の方が儲かるから!」
という、
ごく自然な流れで
海女は女性の仕事に
なったんじゃないかと
思います。
 
 
そして海女が女性の仕事に
なればなるほど、
男性はその世界に
入りにくくなったと思います。
 
 
だって小屋で半裸の状態で
お菓子をばくばく食べながら
町のゴシップや夫の悪口を言って
ケタケタ笑ってる女性の輪の中に
男性が入っていけると
思いますか?(笑)
 
 
女性たちだって
家庭の悩みを相談したり
女性ならではの体の不調だったりを
分かってサポートしてもらえる
家族とは別の、
女性が女性のままでいられる
ホッと安心できる
海女という
強い絆で結ばれた
女のコミュニティー
男性を入れたいとは思わないでしょう。
私だったら、嫌ですね〜(笑)
 
 
男性のあまさんも
少しずつ増えているようですが、
やはり「海女」とは
なんだか少し雰囲気が違う気がします。
 
 
海女さんて、
独特の雰囲気があるんですよね。 
 
 
またなんだか曖昧な事を
言ってしまってますが(笑)
説明するのが難しいんですタラー
 
 
いつか掴めたら書きたいと
思います!
 
 
 
そんな訳で、
私、リッチャンの思う
海女が女性の仕事になった
理由でした〜♪
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
うお座 海女と漁師の暮らしが体験できるゲストハウス うお座
下矢印ホームページはこちらをクリック下矢印
 
 
 
流れ星ブログ更新の励みになります流れ星
下矢印よろしければこちらもクリックお願いします下矢印
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村