海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

しんどさは同じやで

 
 
こんにちは、リッチャンです。
 
 
 
夏も去り、いつの間にか
 
秋も終盤。
 
冬の気配さえするように
 
なってきた今日この頃。
 
朝晩はずいぶん冷え込むように
 
なってきましたね!
 
 
 
 
そんな先日は
 
夫婦揃って野良作業。
 
 
 
 
と、言っても
 
一緒に仕事はしません。
 
いつだって各々
 
好きに活動するのが
 
うちの夫婦のスタイル。
 
 
 
 
夫はどこぞからか
 
仕入れて来た砂利を
 
家の周囲に敷き詰め、
 
妻は夏の間中放っておいた
 
種々雑多の雑草を
 
鬼の形相で抜いては進む、
 
という作業。
 
 
 
お互い自分の仕事に集中。
 
時々チラッと
 
相手の進捗具合を確認。
 
 
 
 
午前の部、午後の部と
 
各々一生懸命
 
汗水垂らして働きました。
 
 
 
 
私の方もやっと
 
見渡す限りの草を抜き終わり
 
一輪車に抜いた草を乗せて
 
山へ捨てに行きます。
 
 
 
 
視線を感じ目をやると
 
何やらもの言いたげな顔の夫が・・・!
 
 
聞こえる!
心の声がッ!!!
 
 
 
 
「これね、同じだからね、しんどさ!」
 
と強めに先に一声かけると、
 
やはり同じ事を考えていたのか
 
ニヤリと笑う夫。
 
 
 
 
『俺の方が働いてる』
 
でしょう?
 
ハンッ!お見通しですよッ!!
 
 
 
体重86キロの夫と
 
体重45キロの妻。
 
身長だって20センチ以上違います。
 
 
 
同じ土俵に立たせられちゃあ
 
たまりません!!
 
 
 
10トンの砂利を運ぶ仕事と
 
20キロ分の雑草を運ぶ仕事、
 
『しんどさ』のレベルとしては
 
同じような物です!!
 
 
 
 
妻の主張を聞いた夫。
 
以前なら何か言い返してきましたが
 
最近は
 
私の体力の無さは
 
紛れもない本物と気付き(?)
 
昔のように無茶は言いません。
 
『リッチャンなりに頑張ったのだ』
 
という事が通じたようです。
 
 
 
 
まぁ、だからって
 
褒められることも無いのですが・・・
 
 
 
 
その翌朝は漁師さんの
 
お手伝いがあったので
 
早起きをしたのですが、
 
開口一番
 
二度寝しろ!」
 
と言われてビックリ!
 
顔、疲れて見えたのかしら・・・?
 
 
 
 
3年前じゃ
 
考えられなかったこのセリフ。
 
丸くなったわね~。
 
ほほほほほ~