海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

インターンシップ

 

 


3月に5日間、

 

インターンシップの学生を

 

我が家で世話しました。

 

 

 

 

夫の勤務する専門学校の生徒で

 

名前を園田くん(仮名)。

 

 

 

 

漁師になるのが夢だそうで、

 

漁師の仕事を体験しに来たのです。

 

 

 

 

「漁師になりたい若者っているんだー!」

 

 

私はかなりビックリビックリマークビックリマーク

 

 

 

 

私たちの家に来る前まで

 

南伊勢の養殖業者さんで

 

数日間お世話になり、

 

次に刺網漁などを経験するために

 

石鏡へ来たのだそう。

 

 

 

 

 

春休みを利用して

 

漁師の勉強に来る

 

いまどき感心な若者ですが、

 

なんと

 

「めんどうくさいッスね」

 

が口癖の彼アセアセハッ

 

 

 

 

だだだ大丈夫ッ!?

 

 

 

 

夫から「漁師は器用でなくては」と教わるも、

 

「無理っす。面倒くさいっす」

 

と言い、

 

休みなく動き回る夫を見て

 

「あの人本当にヤバイ(良い意味で)っすね。

僕には無理っすわ~(笑)」

 

と言ってのけました(笑)

 

 

 

 

 

 

慣れない仕事で

 

疲れているだろうと思い、

 

「ちょっと休んでていいよ」

 

と言うと

 

いつまでたっても休んでいるッビックリマークガーンハッ

 

 

 

 

(この子本当に漁師になりたいのかしら・・・?(;・∀・))

 

と心配になりましたが、

 

漁師の仕事は好きなようで

 

「これをやってね」と言うと

 

黙々と作業をします。

 

 

 

 

「面倒くさいでしょう?(笑)」

 

とからかい半分に聞くと

 

「面倒くさい・・・けど嫌じゃないッス。なんでかは、分からないけど」

 

と言っていました。

 

 

 

 

子供の頃から

 

漁師になりたかったという園田くん。

 

漁師以外の仕事も見てみたら?と

 

色んな人にアドバイスされたらしく

 

学校のプログラムで

 

これまでも水族館やペットショップなど

 

「魚」に関する仕事も色々と

 

体験してきたらしいのですが

 

今いちピンとこなかったそうです。

 

どれも

 

「面倒くさいことばっかで」

 

だそうで・・・うーん汗

 

 

 

 

そして今回、

 

実際に漁師の仕事を体験してみて

 

「自分はやっぱりこれがやりたい」

 

と思ってくれたようでしたニコ

 

 

 

 

ただ夫も言っていたように

 

いきなり漁師になるのも良いのですが

 

サラリーマンを経験してみても

 

いいかもしれない。

 

別の業界でしばらく

 

働いてみてもいいかもしれない。

 

と思います。

 

 

 

 

臨機応変に対応する能力や、

 

器用さが求められる漁師の仕事。

 

色んな人生経験があった方が

 

のちのち彼の強みになるかもしれないと

 

私も思いました。

 

 

 

 

好きな事を仕事にする

 

というのはとても素晴らしい生き方ですが

 

「それしかできない」

 

「他に潰しが利かない」

 

のでは、

 

状況が変わった時に

 

対応できません。

 

 

 

 

ダーウィンも言っているように、

 

強いもの、賢いものが生き残るのではない。

変化に適応できるものが生き残る。

 

のだとしたら、

 

これからの漁師(海女も)

 

漁業以外の色々なスキルがあった方が

 

よいのかな?と思います。

 

 

 

園田くんがどんな漁師さんになるのか

 

楽しみです。

 

陰ながら応援していこうと

 

思いますニコニコルンルン

 

 

 

 

・・・・というか、

 

ワタシも色々できるように

 

頑張らなくっちゃアセアセ

 

人の事言ってる場合じゃなーーい滝汗

 

 

 

 

 

 

今回のインターンシップ

 

わたしもゲストハウス営業のための

 

とても良い勉強になりました。

 

園田くん、どうもありがとう音符