海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

舌をトレーニング


結婚生活で困る事。

いろいろあります。

例えば、『ご飯』ナイフとフォーク



我が家は夫がご飯担当

毎日、美味しい料理を作ってくれます

ただ、誤解して頂きたくないのですが

私も料理、できるのですよ?ウインクキラキラ
 
高校を卒業してから
 
ずーっと一人暮らしでしたので流れ星



それなのに何故、

夫が料理をするのかと申しますと

一重にそれは

彼がものすごーーく

グルメ

だから



素材の鮮度、調理の仕方、

味付けのタイミングうんぬんまで、

ひと口食べたらすぐに
 
分かってしまいます。



長年、一人暮らしで

「簡単☆ずぼら飯」

を作る事に

命を懸けていたワタシ。



下茹では面倒だし省略♪・・・
とか

「かけるだけで美味しくなる!」
魔法の調味料、最高ッ♪・・・とか

そんなのばかりでしたので、

彼の舌を満足させられる料理なんて

作れるはずもなく!!



しかも、コチラで手に入る食材は

私にとっては未知のものばかり!

下ろされていない生の魚

とか

金時草(加賀野菜)

とか

そもそもどうやって食べるの???滝汗



時に果敢にチャレンジし、

夫に「・・・40点。かな

と言われた時の

悲しさと言ったら、もうっ!!!


 



「ウェ○パー」や「ほ○だし」などの

化学調味料

ガッチガチに慣れ親しんだ

この舌を持つ私に

一体どうしろと!?(笑)



そんなこんなで、

現在は夫の手により

「舌のトレーニング」中なのです。

要は、美味しい食材を、

化学調味料なしで調理してもらい

美味しく頂く。

という、ただそれだけなのですが。



しかし、油断はできません。

時々、
 
「これはどんな出汁を
使ってると思う?」

なんて
 
テストをされますからねッガーンハッ



恐ろしい・・・

のんびり食ってる場合じゃあ
 
無いのです。



最近になって

夫から魚の捌き方の

手ほどきを受けております。

が、まだ内臓を取る事しか

許可して貰えておりません。



キビシイッ!

なんで他の人には優しいのに

私にはそんなに厳しいんだッえーんガーン