海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

「潜らない海女」になりたい

 
 
 
こんにちは、リッチャンです。
 
 
 
 
今日は、というか今日も?
 
長いブログですよー(笑)
 
 
 
 
 
 
最近、徐々に自分の中で
 
大きくなっている「思い」があります。
 
 
 
 
それは、
 
「潜らない海女」
 
になりたいという事。
 
 
 
 
 
海女なのに、潜らない!?
 
それって海女じゃないじゃん!
 
と、
 
自分でも思うのです。
 
 
 
 
海女になりたくないって事??
 
 
 
 
自分でも「何言ってるの?」と
 
最初は困惑しました。
 
 
 
 
 
ただ、自分の胸に手を当てて
 
その中身をよくよく観察してみると、
 
「私は海がやっぱり怖い」
 
「潜るのは不安だし緊張する」
 
「でも、海女の文化や生き方は好きだ」
 
「海は怖いけど嫌いじゃない」
 
「立派な海女になりたい」
 
「海女や石鏡の事をたくさんの方に知ってもらいたい」
 
という、
 
様々な思いがある事が
 
分かりました。
 
 
 
 
 
今現在も、
 
海女の仕事以外に
 
漁師の嫁としての網仕事の手伝いや
 
ゲストハウスオーナーとしての仕事や
 
こうして絵や文章をかいて
 
漁村暮らしのブログを更新したりと
 
やりたい事がたくさんあり
 
『ガッツリ、海女一筋!』
 
になれない、
 
出来ていない自分がいます。
 
 
 
 
 
本当はずっと、
 
後ろめたかったんです。
 
 
 
 
自分の事を『海女だ』と言ってるのに
 
全然、海女漁に行けていない。
 
悪天候で漁が中止になると
 
ホッとしてる自分がいる。
 
海を怖いと思っているのに
 
無理して潜りに行こうとしてる
 
すごく不自然な自分を
 
「かっこ悪いなぁ〜」とか
 
「ダサいよな〜」って、
 
ずっと思ってたんです。
 
 
 
 
 
でも、
 
以前ブログで自分でも言っていた通り
 
生き方に正解なんてないんですよね。
 
海女には色々な生き方がある。
 
それが海女の良さでもある、と。
 
 
 
 
海女だから潜らなくちゃとか、
 
上手に潜れなきゃ
 
一人前の海女じゃないとか、
 
海女だから海が大好きじゃなきゃとか、
 
本当はそんなもの
 
ただの固定観念
 
マヤカシだったんです。
 
 
 
(アンタなんて全然海女じゃない!ニセモノめっ!!)
 
って
 
自分で自分を脅してビビらせて
 
「ちゃんと出来ない自分」を
 
思いっきり非難していました。
 
 
 
 
 
それはそれは苦しくて
 
恥ずかしくって。
 
絶対人様に知られちゃマズイ!って
 
思っていたんですよね。
 
たぶん、でも、
 
ブログを見てる人には
 
ジワリジワリと伝わっちゃっていたと
 
思うのですが(笑)
 
 
 
 
 
そして、ずっと苦しくて
 
悩んで悩んで思ったんです。
 
私は自分らしく、
 
自分のなりたい海女になろう、と。
 
 
 
 
 
私は英語が話せます。
 
自慢ではないですが、上手です。
 
文法やニュアンスの違いを理解した
 
美しい英語を使う事が出来ます。
 
ネイティブには程遠いですが(笑)
 
 
 
 
そしてお絵描きが好きです。
 
上手い下手ではなく、ただただ好きです。
 
似顔絵を描いて
 
似てるとか似てないとか言われて
 
みんなが笑ってくれるのが
 
すごく嬉しいです。
 
 
 
 
 
そしてそして、
 
海女が好きです。
 
物が獲れた時の気分は最高です!
 
疲れも吹っ飛びます!
 
海女さんたちから
 
海女小屋で火にあたりながら
 
昔話や海の話を聞くのが
 
大好きです。
 
不思議な呪文や
 
スピリチュアルな迷信や
 
海女の技術を習うのが
 
面白くて仕方ありません。
 
 
 
 
 
そして、船に乗るのは怖いですが
 
港で網仕事をするのが好きです。
 
網バラキのやり方やコツを
 
人に教えるのも好きです。
 
 
 
 
 
ゲストハウスの掃除をしたり
 
ゲストを色々な場所に連れて行ったり
 
ハーブティーを飲みながら
 
どうしてココへ来たのかと
 
話をするのが好きです。
 
話し上手ではないし、
 
話題は豊富な方では
 
ないかもしれませんが、
 
ゲストの求めている情報や経験を
 
自分に出来る精一杯で提供したいと
 
奔走したり、
 
この素晴らしい石鏡を
 
外から来た方に見てもらって
 
「素敵な所ですね」とか
 
「町の人は良い人ばかりですね」
 
なんて言われると
 
もう、たまらなく嬉しいのです。
 
 
 
そもそも石鏡に興味を持って
 
くれたというだけで、
 
「この人の為に持てる力を全部出そう!」
 
と思えるのです。
 
 
 
 
 
これは自分の
 
持って生まれた性格というよりは、
 
サチバアやターコバアや
 
石鏡の人みんなから受けた
 
大きな大きなご恩を
 
なんとかして返したい!という
 
気持ちからきてるように
 
思います・・・キョロキョロ
 
私自身はそんなイイ奴じゃあ
 
ありません。
 
ケチでセコイ人間です(笑)
 
 
 
 
 
だから、と言うか
 
そんな私なので、
 
『海女一本で身を立てる』ような
 
シンプルでカッコいい海女さんには
 
なれないんです。
 
なりたかったけど
 
無理だな、と。
 
 
 
 
 
あれもこれも中途半端で
 
でも得意な、好きな事をして、
 
自分なりにこの海と上手く
 
付き合っていく。
 
そんな海女というか
 
生き方を目指そうと思います。
 
 
 
 
 
夫はいつも
 
得意な事を活かせと
 
私には海女以外にも出来る事があると
 
教えてくれていましたが、
 
固定観念にがんじがらめになっていて
 
そんな慰め要らない!と
 
私だってちゃんと海女になれる!と
 
聞く耳を持ちませんでした(笑)
 
 
 
 
「海女は向いてないから辞めろ」
 
と言われてる気分だったんですね。
 
 
 
でも、そうじゃなくて、
 
「お前にはお前にしか出来ない生き方がある。何も海女に固執することはない」
 
と言っていたんですよね。
 
(↑たぶん、まんまその通り言っていたのに私が変に脳内変換して解釈してた)
 
 
 
 
 
私の知り合いの海女さんの中にも
 
これからの生き方に迷っていたり、
 
周りからの良いのか悪いのか分からない
 
アドバイスに心を揺さぶられて
 
『自分』が見えなくなって
 
しまっている方が
 
何人か、いらっしゃいます。
 
 
 
 
 
 
『正解はないのだ』という事に
 
気づいてみたら、
 
なんて世の中は明るいんだろうと
 
気がつきました。
 
あぁ、好きな事していいんじゃん!と。
 
そうだ、好きな事をしに
 
自分はココに来たんじゃないか、と。
 
 
 
 
忘れていました。
 
そんな当たり前のこと。
 
 
 
 
 
お前なんて海女じゃない!
 
と言った意地悪な「ワタシ」に、
 
「いやでも、そんな海女がいても面白いじゃない。」
 
「珍しいよ、海が怖くて潜りたくない海女さんなんて。もはやネタじゃん(笑)」
 
「海は怖いけど海女は面白いんだという事を、日本や世界の人に伝えられる海女っていうのもなかなかユニークだよ。」
 
「ありだよ、あり!!ぜーんぶ、あり!!」
 
と大声で言ってやりました!(笑)
 
 
 
 
 
 
あぁ〜、スッキリ!!
 
 
 
 
 
そう吹っ切れた今は
 
なんだか晴れ晴れとした気分です!
 
 
 
 
 
 
と言うわけで、
 
今後もグダグダとまとまりのない
 
ただの海女で漁師の嫁で
 
ゲストハウスオーナーで
 
お絵描きと英語が好きで
 
石鏡とそこに住む人が好きな
 
私のブログとライフが続きます。
 
 
 
 
 
あまり期待せずに、
 
ぼちぼち!ご期待あれッ!!(笑)
 
 
 
 
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
 
うお座 海女と漁師の暮らしが体験できるゲストハウス うお座
下矢印ホームページはこちらをクリック下矢印
 
 
 
流れ星ブログ更新の励みになります流れ星
下矢印よろしければこちらもクリックお願いします下矢印
 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 海辺の暮らしへ
にほんブログ村