海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?!海女修行&漁師町ライフをご紹介します!

海女の朝②


前回の記事はこちら↓

 



*************************************

「今日は海女がある」

となれば、

急いで支度をしなければなりません

もはやキッチンは戦場の如く



大急ぎで昼のお弁当とお茶を

準備します。

同時進行で

ウェットスーツなども準備


 

 

 

 



海女の出漁時間は

朝の8時半からですが、

その前に1時間ほど

焚火に当たって体を温めるので、

遅くとも7時半には

海女小屋に居なければいけません。



石鏡の海女小屋は

複数箇所あるのですが

結構、設備や立地に差があって、

うちは割と

獣道の先にひっそりとたたずむ

トタン板で出来た(←すごくない?笑)


THE・海女小屋!なのですが

以前、石鏡港近くの小屋を

前磯のときに一度

使わせてもらったのですが

立地がいいだけでなく、

シャワールームあり

コンクリートでできた建物

結構、イイ



よく、よその海女小屋の海女さんたちに

「あんたらン所の海女さんらは
出るのが早すぎる!」


と言って苦情を言われるのですが、
(先に出漁してズルをしてるんじゃないか、という事です


車で細い山道をクネクネ走り

しかもウチは水道がないので

朝っぱらから

川に水を汲み

行かねばならず、

人より早く家を出ないと

海女、間に合わないんだよーッ

 


やっていることは

まるで

日本昔ばなし



海女さんは基本的に

親や親戚がいる海女小屋に

仲間に入れてもらってからは

ずっと同じ小屋で、

同じメンバーで

海女をしていくことになるので

他の小屋がどうやっているのか

あまり知らないようなのです。



と、いうわけで、

私はいつも7時に家を出ます

車はお世話になっている漁師さんの

軽トラックを借りて

運転していきます。



海女や漁師になりたい人は

マニュアル免許

取っておいた方がいいですよ



海女小屋に到着してからの様子は

次の「海女の朝③」で書きますね!