海女日記 < 新米海女リッチャン >

都会のOLが海女に転身?漁師町ライフブログ

【方言→英語】③ごうわく(ごーわく)

 

--------------------------------------------

本日の方言:「ごうわく」※正しくは「ごーわく」と表記するそう。訂正!

使用エリア:「伊勢志摩地方」

意味:「腹が立つ」

--------------------------------------------

 

「ごうわく」はたぶん、「業(が)沸く」。

 

「業を煮やす」「業が沸く」という表現自体は、鳥羽や伊勢志摩地方以外にも使われている言葉だそうですが、【文語】と私は理解していました。

(文語=主に文章で使われる言葉。口語=主に会話で使われる言葉)

 

ところが鳥羽では「ごうわくワー!」と、ごくごく普通に、日常会話的にこのワードが出てきます。これには初めとても驚きました。「ごうわく」って、なあに?って。

 

業が沸く、という言葉自体は「(なんとなく)イラッ」とか「カチンとくる」ような怒りいうよりは、ムカムカムカ―ッとした怒り。「あぁ、思い出すだけで腹が立つ!」という感覚。

怒りの原因になったその【瞬間】というよりは、【時間が経つにつれ徐々に大きく強くなる不快感】【時間が経ってもなかなか収まらない怒り】のようで、みなさん使う際は「ごうわいた!」と過去形で使われることの方が多いように感じます。

 

「怒る」という表現には実に様々な物があり、一般的に使われる angry 以外にも、flip out 「キレる」lose one's temper「カッとなる」などがあります。私は若者言葉やスラングは苦手なので詳しくないのですが、知っている言葉で「ごうわく」を英語にするならば、

 

・Get mad [ ゲット マッド ]

 

が丁度いいのではないかと考えています。

 

I was angry.(私は腹が立った)と言うよりも I got mad. と言う方が感情的にも強い表現で、いかにも頭に血が上ったような状態をイメージできます。そしてこちらも「ごうわく」とよく似ていて、got mad と過去形で使われる事の方が多い表現です。

 

------------------------------------------------

【例文】

「きんのヒジキ終わってウチ帰ったら、おらげの父さん、風呂も焚かんと居間でテレビ見てころけとったの。まぁ、ほんまにごうわいたわ!」
 
(昨日ヒジキ漁が終わって家に帰ったら、うちの夫、風呂も沸かしてくれていなくてリビングでテレビ見てごろごろしてたのよ。本当に腹が立ったわ!)

 
I came back home after the Hijiki harvesting yesterday, but my husband was just watching TV and didn't prepare a bath for me. Gosh, I was so mad at him!
 
------------------------------------------------
 
 
私の暮らす石鏡では、今でも「出合い」でヒジキ漁を行っています。
出合いの漁と言うのは、大勢の人たちが役割分担をしながら一緒に作業し、売上を人数に応じて山分けするシステム。
『獲ったらその分が自分の収入』の通常の海女漁と違い、町中の人たちと共同作業で行うヒジキ漁は普段接点のない色々な方と話をする事が出来るので、私は毎年とても楽しみにしています。
 
若い人や海女さんが減ってきて、出合いの漁は難しくなってきたと町の人たちは言っていました。人が少ないと、山分けにした時の1人当たりの受け取る金額は大きくなりますが、その分体力的にも厳しいのです。
特に仕切り役の方々や上級海女さんにとっては負担も責任も大きく、「もう辞めたい」という声もちらほら・・・
 
ヒジキ漁は基本的に、女性(海女さん)がヒジキを磯場で刈りとり、それを若手の男性たちが陸へ運びます。そのため、海女さんは何時間もウェットスーツを着たまま、中腰の姿勢で作業をするので漁後の疲労感と筋肉痛は大変な物です。
 
そんな時の父さんら(海女のご主人たち)はと言うと、基本的に家で待機しています。
昼休憩でいったん帰宅する母さん(海女さん)たちのために昼食を用意していたり、お風呂を沸かしておくのが彼らのお仕事。
 
5月の炎天下、ウェットスーツをきて作業をするのでスーツの中は汗だくの事が多く、「なに!あんた、1日家にいたのに、風呂も沸かしてないの!」とご立腹の海女さんも毎年のようにいらっしゃいます(笑)疲れているので、普段穏やかな方も怒りの沸点が下がる、下がる・・・
 
ストレス発散に、海女小屋でぎゃーぎゃー夫の悪口を言うのは海女の日常。
「ごうわいたわ!」と今日もどこかで海女さんがプンプン怒ってらっしゃるのでしょうねぇ~(笑)